こんにちは、めぐです。

パッケージがどきつい!と思って、最近気になったポテトチップスがこちら。

(左パープル)ハワイアン ポテトチップスの 楽備(らくぞなえ)と、

(右ゴールド)純ポテトチップスの 芋備(いもぞなえ)です。

 

このピッカピカなゴールドとパープルの袋に

デカデカした文字だけ。相当なインパクトです。

 

[sp]
[ad#ad-1]
[/sp]

 

2種類持ってレジに並んだら、

レジの店員さんに「私もそのパッケージに気になっちゃって」と

話かけられるほど。

文字だけで画像がないのも中身のポテトチップスのイメージがつかず、

(どんなチップスなんだろう)と

さらに気になっちゃいますよね。

 

そんな変わり種のポテトチップスは、中身にも相当なこだわりがありました。

 

本日は、パープルパッケージの楽備(らくぞなえ)を食した感想レポです。

ケトル式製法アメリカ産プレミアム ハワイアンポテトチップス 楽備(らくぞなえ)は、

(裏面の説明をかいつまんで書くと)

ハワイアン ポテトチップスといえばコレ!という製法のポテチなんだとか。

ケトル式製法のケトルは「大きな釜」の意味で、

アメリカの工場の巨大なケトルで作られたこのチップスは

日本の一般的な製法とは違うんだそうです。

 

さらに、芋もチップスに最も適している掘りたての

アメリカ産のチップス専用のジャガイモを使っているそうです。

なんだかこだわりが沢山です。

お値段が高めなのは、コスト以上に品質重視なんでしょうね。

 

パッケージを開けてのぞいた感じがこちらです。

中には、分厚いチップスが沢山入っていました。



さて、お味はいかに?期待大で食べてみます。

 

オニオンの風味がしっかりついてて、とっても美味しい☆

ただのオニオンではなく、「スウィートマウイオニオン」とついているだけあって、

甘みがあるオニオン風味で、くせになりそうな味です。

 

しかも、(バリっ バリっと)歯ごたえがすごくいいです!!

巨大釜で作ったからなのか、ジャガイモの形が曲がったりしているのですが、

意外と折れ曲がったりしているチップスが個人的に歯ごたえも増して美味しいと思いました。

 

本場、ハワイのチップスは食べたことがないのですが、

ここまで自信をもった商品なので、きっとこういう味なんだろうなと思います(笑)

 

もう一つのゴールドパッケージのチップスも気になりますね。

明日、紹介させていただこうと思います♪

 

スポンサードリンク