こんにちは!ずんです!
今回は、久しぶりパスタソースです!
(プチ糖質制限なうで、パスタを避けていた・・w)

パスタソース@ミート
この言葉が頭から離れない人って、わたしとどこかで会ったことあるかもしれない。

スパゲティミートソースって、子どものころからよく食べていました。
スパゲティといえばミートソースだった我が家。
おかんのミートソースはトマトの酸味が口の中いっぱいに広がる感じのものでした。

今回はそんな小さいころから食べなれているミートソースのレトルトです。
ミートソースの「真実」を教えてもらおうじゃないの!

[sp]
[ad#ad-1]
[/sp]

ミートソースをおしゃれにいうとボロネーゼだと思ってるんだけど、いいのかな…w



パッケージを見たとき、衝撃でした。
相当自信ないとこんな名前にできないでしょ!!



本場イタリアで愛される真実の味…。
期待が膨らみます。



だらだらとかけてみる。
センスなくてごめんなさいw



混ぜて、デリシャス加工を施した写真。
…ひき肉どこ行った…w

お味の方は…これは大人の味です。
ハーブと赤ワインの味付けというだけあって、程よい酸味もあり。

肉!肉肉肉肉!!ミートミートミート!!!トマト!ミート!トマトミート!たまねぎ!
みたいな食べなれているミートソースと比べて、だいぶオシャレな味。
そして、ひき肉の量がパッケージ写真ほど多くは感じませんでした。
(かき集めたら写真と同じくらいになるのかもしれない)

トマトがあまり主張していなくて、本当にワインとハーブって感じの味です
(食レポのセンスないなぁw)
こってりしすぎていなくて、するするするっと食べられるオシャレなミートソースでした。

これが本場の真実の味と言われたら、イタリアでボロネーゼ食べたことのない私はそれを信じるしかないので、いつか本場で食べる時まではこれが真実だと思おうと思います!
個人的な感想では、日本の真実ではないような気はするので、あくまで「本場の真実の味!」って感じです。

ぜひ、イタリアで食べたことある方、食べてみてください。
そして、感想を教えてください。

こちらに時短飯のすべての記事をまとめています↓
[blogcard url="http://mynz.tokyo/category/%E6%97%A5%E5%B8%B8/%E6%99%82%E7%9F%AD%E9%A3%AF/"]

スポンサードリンク