こんにちは、めぐです。

本来辛さが苦手な私ですが、

それでもまた挑戦してみたいヌードルを見つけました。



日清カップヌードル [シンガポール チリクラブ] です。

[sp]
[ad#ad-1]
[/sp]

チリクラブはシンガポールでも人気な料理だそうです。

実際には食べたことはないのですが、ヌードルではどんなお味になっているのか、、、

楽しみです。

パッケージには、カニの甲羅に「辛口」サインが。大丈夫かな(汗)

先日のブログで 「蒙古タンメン中本」を完食できたのが自信にもつながってもいるし、

きっと、大丈夫でしょう。

http://mynz.tokyo/2017/02/15/post-4761/

早速、食べてみましょう。

ふたを開けたところです。粉末のスープも赤っぽいですね。

ぱっと見て、カニカマっぽいかやくもみられます。

 

食べる直前に入れるチリクラブペーストも付いています。

お湯を入れて3分。。。ペーストをとりあえず全部つけちゃいます。

さらに辛くなったかな。。

勇気をだして、いっただきまーす。

 

「おお、辛いだけじゃなくて、美味しい!」

いわゆる旨辛って感じです。辛いけど、全部食べられそうです。

一緒にある卵が少し味をマイルドにしてくれているかも。

辛い時に、かやくのカニカマを食べても辛さが緩和されていいですね。

 

スープも真っ赤っかですが、

辛さのなかに、どこか不思議と甘みというものがあり、

美味しく飲めました。

(ちなみに「蒙古タンメン中本」の方が、ずっと辛いです。)

 

 

全体的に美味しく感じました!

本場の「チリクラブ」もいつか食べてみたいなぁ。

 

スポンサードリンク