こんにちは、めぐです。

前回、3日に渡って紹介させていただいた

サッポロ一番「和ラー」シリーズに、新たな味が追加されていました。

 

【北海道 根室 かにの鉄砲汁風】と【両国 ちゃんこ鍋風】です。



「和ラー」は前回食べたときに、どの味もとても美味しかったので、

新しいこの2つの味にも期待大!!!

さっそく食べてみることにしました。

(ちなみに、前回紹介した記事 その1はこちらです)

http://mynz.tokyo/2016/10/29/post-3754/

 

[sp]
[ad#ad-1]
[/sp]

まず本日食すのは、こちら。

【北海道 根室 かにの鉄砲汁風】です。

北海道 根室の郷土料理をアレンジしたとのことです。



パッケージのふたには、「1000万食突破」の文字も!

「和ラー」の人気ぶりがわかりますね。



ふたをあけてみたところです。

かに身風のかまぼこや、細切りかに風味かまぼこ、かき卵、キャベツ、ねぎなど

色合いが綺麗ですね!

お湯を注いで3分。。。。

ふたをあけると、もわーーーっと

鼻に かに風味の湯気が入ってきて、食欲をそそります♪

かきまぜて、いただきまーす。

 

「うーん。やっぱり、、このシリーズ好きだなぁ。」

匂いから期待した通り、かにの味がしっかりする鉄砲汁の味わいが

胃にやさしく届いていきます。

 

味噌ラーメンでも、味があっさりしていて、くどくない。なんだか落ち着く味。

そこが「和ラー」と称するところなのかもしれません。

細麺なのにちょっと歯ごたえがある麺も、いいところ。

 

スープも「鉄砲汁風」なだけあって、お味噌汁感覚で飲めちゃいます。

今回、夜食として食べたのですが、

その日は洋食が多く、お味噌汁がありませんでした。

だから余計に、お味噌汁が飲めた感じで嬉しかったですね。

 

今後も、夜中に小腹がすいて、かつ味噌汁を飲みたくなってしまったら、

このかにの鉄砲汁風を思い出しちゃうだろうなぁ。。。

 

1日のうち1食でも味噌汁付きがあると嬉しいと感じる人は

「和ラー」のこの味にはまるかもしれませんよ。

 

 

<下記:前回書いた「和ラー」関連記事になります>

http://mynz.tokyo/2016/10/30/post-3773/

http://mynz.tokyo/2016/10/31/post-3791/

 

スポンサードリンク