こんにちは、めぐです。

最近、子育ての一環として、始めてみたことがあります。

それは、お風呂上がりに子供達にオイルマッサージをしてあげることです。

 

始めてみようと思った直接的な理由は、

小学生になった上の子が、少し前から自分の手の爪を見せたがらなくなったので、

気になって隙をみて覗いたところ、爪かじりをしているとわかり、

ショックを受けたことが理由です。

 

[sp]
[ad#ad-1]
[/sp]

 

サイトで色々調べてみると、子供で爪をかじってしまう心理としては、

「もっとかまってほしい」とか、「欲求不満」とかがあるようです。

 

本人に聞いてみたところ、

「学校の休み時間、暇だったから」というのですが、それだけじゃないよな・・・と。

 

まだ手のかかる下の子ばかりに、気を取られてしまいがちですが、

上の子のこういったサインを見過ごしちゃいけないなと、色々と反省いたしました。

 

 

小学校にあがるタイミングで転居もしたので、全くこれまでとは違う新しい環境になり、

それだけでも大きなストレスとなったことは言うまでもありません。

でもそれ以上に、きっと「欲求不満」や「もっとかまってほしい」はずっと前からあったのかも。。

 

 

思えば、下の子が生まれる前までは、一人っ子として一心に愛情を注がれていたけど、

下の子が生まれてから、上の子に寂しさを感じさせる場面も増えていってしまった。

抱っこをはじめとしたスキンシップや愛情表現も、大きくなるにつれ減ってしまった。

仕事と育児の両立とはいえども、仕事ばかりに注力してしまった時期もあったし、

自分の心の余裕のなさから色々ガミガミ言ったり、くどくど言ったり、私も親として落第点な行動も多かった。。。

天真爛漫だった上の子も、徐々にやさぐれモードになっていき、親の小言はますます増える一方の悪循環。。。

 

そんなこんなの長い期間のいろんな事が積もりつもって、この結果にあるんだなと思うと、

親として、どう償って挽回するか、正直悩みました。

(今日はいっぱい愛情表現をしよう!!!)と意気込んで行動にうつすこともありますが、

結局、ちょっとしたことで怒りモードになってしまったりと、忍耐力のない沸点の低い自分に幻滅したりもしました。

そんな不器用な親だからこそ、不器用なりに愛情が伝わる方法がないかと色々模索することに。。。

 

その結果、始めてみようと行き着いたのが、AMOMAキッズオイルを使ったキッズマッサージでした。

(詳しくは公式サイトをみていただければと思います。)



最近減ってしまった上の子へのスキンシップを、

お風呂上がりの乾燥対策も兼ねたオイルマッサージをすることで、不器用なりな愛情表現を

子供にも見える形で伝えられるのではと思った次第です。

 

子供には「スキンシップ」だからとは、伝えていません。その方が、いつも自然に使える気がしたからです。

「肌が乾燥しているから、マッサージしておこうね」と、

背中を優しくオイルマッサージしてあげることで、少しでも子供が母親の愛情を感じ取ってくれれば

いいなと思います。

また、AMOMAキッズオイルには

イライラや孤独感など、情緒が不安定なときに効果のある「オレンジスイート」や

ゆったりとした心地になる「ラベンダー」などが配合されているので、

その香りによって、母子の日頃のストレスが少しでも軽減されればと思います。

 

 

実際に使い始めてしばらく経ちましたが、

子供の方からお風呂上がりのマッサージをリクエストしてくることが多くなりました。

スキンシップのきっかけが増えたこと。子供がそれを望んでいること。それだけでも、大きな変化だと思います。

私自身にとっても、そのマッサージ時間は、

他の雑念を取り払い、子供と向き合う大事な時間として捉えています。

少し大きくなってきた子供との、自然なふれあいタイム。

今後も大事になってくるのではと思いました。

 

忙しすぎたり、時間のない日もあったりで

毎日必ずとはいかないのですが、ときにはマッサージで子供と一緒に、ゆったりしたひと時を。

子供も「かまってもらえている」という安心感から「欲求不満」が軽減され

いつしか爪かじりから卒業してくれるといいです。。。

 

スポンサードリンク