こんにちは、めぐです。

今日はクリスマス・イブですね。

[sp]
[ad#ad-1]
[/sp]

 

今夜、子供さんのいるご家庭では、それぞれのサンタ事情があるかなと思います。

私は、「サンタクロース」と聞くと、

子供の頃のちょっぴり切ない思い出が浮かびます。



 

それは、親のカミングアウトする時期が(私にとっては)早すぎたことです。

当時、5歳でサンタクロースの事実を親から聞かされ、相当なショックを受けたことを

今でも覚えています。親には全く悪気はなかったんですけどね。

親は現実主義だったかと思いますが、私は意外とロマンチストだったのかもしれません。

 

 

小学校でも、周りの友達が、クリスマスにサンタさんが来ることを

心待ちにしている中、夢から覚めたように冷静な気持ちで一歩引いてその光景をみていた自分。

 

大人になった今でも、あのとき、もっと夢を見続けていたかったなーと、この時期になると思います(笑)

 

 

だから、

自分の子供には、サンタさんを信じ続けてもらいたい!!!夢を見続けてほしい!

そう切に願っています(笑)

 

できる限り、大きくなるまで極力知らないままでいてほしい(笑)

あるいは、周りがなんと言おうが、信じ続ける子であってほしい。

 

 

その願いが今のところは届いているのか、

今、子供達は、家に煙突がないことを心配したり、

ちゃんとプレゼントがもらえるかなど、ドキドキしています。

 

そのままでいてね。

たとえ、中学生でも高校生でも、その先でも、ピュアなハートで信じてくれるなら

私は応援してあげるよ!!

(子供達が現実主義だったとしたら、私は痛い母親なのかもしれないけれど(汗))

 

 

子供達が信じてくれてることで、

ちょっぴり自分の幼少の頃の傷も癒えていく気がしてます(笑)

 

 

さて、

今日がいい日になりますように・・・。

 

 

スポンサードリンク