こんにちは!ずんです!
ア・プ・プレのメニューを検索されて、このブログを見てくださっている方もいるようなので、数か月前に訪問した際のメニューや料理の写真を紹介します~

前回はこちら
[blogcard url="http://mynz.tokyo/2015/09/24/post-159/"]

お店の様子


img_3217

フレンチレストランって感じがしないですね。京都の町屋です。

img_3225

気楽に入れる店内。
ちなみにこの日の私の格好も、とてもカジュアルでした。
それでもおいしいフレンチをいただけるのが、このお店のいいところです。

メニュー(2016年8月)


img_3228

img_3221

img_3222

食べられない食材があっても、電話で相談すれば対応してもらえますよ~!

 

料理のお写真


img_3229

グジェール。
チーズ風味のシューがおいしくて、いつも1個では足りないと思ってしまう。

img_3233

1人1人模様の違うスープ。

img_3230

この、サーモンマリネのサラダのフイユテはアププレの定番メニューです。
次は別のを食べようと思っても、結局毎回食べてしまうほど、好きです。

img_3232

マスカルポーネとトマトのティラミス仕立て うに添え
もうよくわからない!よくわからないけど、おいしかった!それだけは言える!

img_3231

丹波鹿とナッツのパテ。

img_3235

img_3236

ハチミツのムースとなんかのジュレぞえ
焼き菓子は私が乗せてます。最後のお茶と一緒に出てくるプチフールです。

メインのころになると食べるのに夢中でまともに写真撮ってませんでした(笑)
私は 前菜2品、メイン1品を選べるテロワールを選択しました。
十分おなかいっぱいになりましたし、大満足です。

はぁしあわせ。

 


フランス料理店 ア・プ・プレ
"à peu près(ア・プ・プレ)"という会話のなかでよく登場する「だいたい」という意味の言葉に、「ルールやマナーにとらわれず、気ままにフランス料理を楽しんで」と店名にこめた
築100年の厨子二階(中2階)造りの町屋の雰囲気を生かしたフレンチレストラン。

京都市下京区銭屋町249


スポンサードリンク