こんにちは、めぐです。

3日連続で、ご当地料理や郷土料理をアレンジして作られた
新商品 サッポロ一番「和ラー」シリーズを紹介しております。

[sp]
[ad#ad-1]
[/sp]

最終日の3日目の今日は、
【津軽 帆立貝焼き味噌風】を食します!

(よろしければ、これまでの【能登 海老汁風】【博多 鶏の水炊き風】
の記事も読んでくださいね )
「帆立貝焼き味噌」は、青森県の津軽地方の郷土料理です。
帆立の貝殻を器として、貝柱やねぎや煮干し風味の特製の味噌ダレを入れて煮込み、
卵でとじた料理だそうです。

帆立の貝殻をつかうところなど、見ためだけでもヨダレがでそうな料理ですね。
その味わいを「和ラー」でどのようにアレンジしているのでしょうか。

img_6044

ふたを開けたところです。
個人的な感覚ですが、結構メインとなる帆立がいっぱい入っていて、
嬉しかったです。

img_6046

お湯を注いで3分・・・

img_6047

スープは(味噌で煮込む郷土料理だし、濃いかなー)と予想していたのですが、
思ったよりさっぱりしてます。煮干しを使っているからなのかなぁ。

img_6049

 

帆立です。見た目もそれっぽく食感もあります。
具材では、ネギが大きめなのが私はよかったです。アクセントになっていて美味しかったです。

img_6048

 

 

さて、3つの味を全て食してきましたが、
(3つ同時に食したわけではないので、厳密には比較できないのですが、)
個人ランキングで言えば、
1位 「能登 海老汁風」
2位 「津軽 帆立貝焼き味噌風」
3位 「博多 鶏の水炊き風」
かなと思います。

「和ラー」というイメージから、より蕎麦の汁のような
さっぱり味を個人的に好んだ結果かなと思います。
お腹の空き具合にもよるかもしれないし、また食べたら順位が入れ替わったりして(笑)

今回ちょっと残念だったのが、一緒におにぎりと食さなかったことです。
(ブランドサイトを最初に見ておくべきでした。)
もし、次に買う機会があれば、おすすめ味のおにぎりを一緒に食べたいです。

 

こちらに時短飯のすべての記事をまとめています↓
[blogcard url="http://mynz.tokyo/category/%E6%97%A5%E5%B8%B8/%E6%99%82%E7%9F%AD%E9%A3%AF/"]

スポンサードリンク