こんにちは!ずんです!
今日の時短飯は無印良品の「ごはんにかける ルーロー飯」です。

[sp]
[ad#ad-1]
[/sp]

以前購入の「夏の食事セット」に入っていました。

[blogcard url="http://mynz.tokyo/2016/08/05/post-2986/"]

img_3502

 

ルーロー飯ってなんでしょう?
滷肉飯(ルーローファン)は、台湾の煮込み豚肉かけ飯。魯肉飯(発音は同じ)と表記することもある。バラ肉など脂身を多く含んだ豚肉を細切れにし、台湾醤油、米酒 (米で作られた酒)、砂糖、油葱酥 (揚げた赤ねぎ) で作った甘辛い煮汁で煮込み、煮汁ごと白米の上に掛けた丼物である。器は丼より小ぶりな茶碗で供される。これは日本の牛丼や親子丼のような単品で食べる丼物ではなく、他の料理と共に食べることが前提の料理だからである。台湾では庶民から親しまれてほとんどの定食屋、食堂で見ることができる料理である。
(Wikipediaより)

・・・。
簡単に言って、 煮豚ご飯ですね。

img_3503

 

で、温めてご飯にのせたものがこちら!

img_3506

たけのこ、しいたけ、きくらげ・・など他の具もたくさん入っています。
レトルトといえば、写真とは肉のクオリティが違うのが常ですが、豚肉もそれなりに入っていたのがうれしかったです!

お味は本格的な東南アジアテイスト!(ざっくりですいません・・・)

風味がどの食材・調味料のものなのかわからないという非グルメの私には、食レポがなかなかむずかしいのですが、食べ慣れていない味なので、和食っぽさはあまりありません!
なんとなく海外で食べそうな味っていうか・・w
辛子がとっても合うので、わたしは辛子を薬味にしながらご飯と一緒に食べました。
これが美味しい!!!

これを食べる大人達には辛子をつけることをおすすめします!

肉も大きい物がはいっていたりして、無印レトルトのクオリティには頭が下がります。
その分値段も安くはないんですけどね・・。

残暑厳しいなか、暑いところのものを汗をかきながら食べるのも、夏バテ防止になりますよ~!

台湾料理が好きな方におすすめの一品です!
ごちそうさまでした!

 

こちらに時短飯のすべての記事をまとめています↓
[blogcard url="http://mynz.tokyo/category/%E6%97%A5%E5%B8%B8/%E6%99%82%E7%9F%AD%E9%A3%AF/"]

スポンサードリンク