こんにちは。めぐです。
先日紹介した「育てるサラダ」シリーズ。
今回は種植えについて。

[sp]
[ad#ad-1]
[/sp]

前回の内容は(1)をご参照ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

食育を兼ねた栽培ともあって、子供たちが暇にしてそうなタイミングを
見計らい、「育てるサラダ」のパッケージを開けてみせると、
子供たちもなにやら興味津々で寄ってきます。

ちなみに、パッケージの中身はこんな感じで、種やら、肥料やらが入っています。

育てるサラダ キット(※種を撮り損ねました。すみません。)
土は水で膨らむタイプのもので、圧縮されています。
水で土が もこもこーっと膨らむ過程も、案外子供ウケします。

うっかりしていたのですが、土が膨らんだところで、子供らが、我先にと種やら土やらいじり始めてしまったので、
両方いっぺんにあけてしまった「ガーデンレタスミックス」「バジル」の種が
どっちがどっちかよくわからなくなってしまいました(笑)

複数種類買って一緒に開ける人はいないかなと思いますが、種のパッケージに
種の種類を書いてもらえると助かるんだけどなーと思いました。

おそらくの勘で、左の長細い方が、「ガーデンレタスミックス」だろうと決め、土をほぐして種を埋めていきます。
※土は多少飛び散るので、作業では何か敷いた方がよいです。

多少日が当たりそうな窓辺に置いて水をやりました。

育てるサラダ2

これから、長いサラダ作りが始まります。

さてさて、種は発芽したでしょうか。
続きは(3)で。

[blogcard url="http://mynz.tokyo/tag/%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%82%8B%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80/"]

スポンサードリンク