こんにちは。よこです。
子連れ盛岡旅行の1日目の夕食に、冷麺の人気店「ぴょんぴょん舎」に行ってきました。

[sp]
[ad#ad-1]
[/sp]

盛岡冷麺は、盛岡市の名物の1つ。
わんこそば、じゃじゃ麺と並んで「盛岡の三大麺」と言われているそうです。
盛岡冷麺のルーツ(ぴょんぴょん舎HPより引用)
盛岡冷麺は、盛岡の麺職人・青木輝人氏が昭和29年に「食道園」を開店した際に、
朝鮮半島に伝わる咸興冷麺と平壌冷麺を融合させ、創作したのが始まりです。咸興冷麺は、甘辛いソースに麺を混ぜ合わせていただく「ピビン冷麺」。
一方の平壌冷麺は、ミルクのようにまろやかな高麗キジのだし汁に、
酸味のある大根の水漬け「冬沈漬(トンチミ)」の汁を加えた、
あっさり味のスープ冷麺です。

青木氏は、高麗キジのだし汁に似た牛スープに酸味と辛味のあるキムチを組み合わせ、
独自の味とスタイルを完成させました。また平壌冷麺は、ソバ粉を練り上げた黒っぽい麺でしたが、
青木氏はソバ粉の代わりに小麦粉を使って半透明の麺に仕上げました。朝鮮半島の麺特有の
コシの強さはそのままに、さらに「喉ごしの良さ」「見た目のおいしさ」を加えた、独自の冷麺を作り上げたのです。


ぴょんぴょん舎は人気店のため当日予約はできないかも…と親戚から聞いていましたが
運良く駅前店を「17時半」に予約をするができました。
ただ、帰る頃(19時頃)には1階から2階までに及ぶ大行列が出来ていたので、
予約は絶対にした方がいいと思います。

ぴょんぴょん舎は冷麺だけでなく、焼き肉のメニューもあるので
今回は冷麺と焼き肉を注文しました。

★焼き肉「岩手三昧」。前沢牛、雫石牛、短角牛の3種を盛り合わせた、それぞれの味わいを食べ比べできるセットです。
DSC01317
※肝心の冷麺の写真が撮れていません(>_<)

一般的な焼き肉店だと、冷麺だけを注文している方は見かけませんが
冷麺の人気店というだけあって、冷麺だけ注文している方もいらっしゃいました。
冷麺焼き肉セットといった冷麺をメインにしたセットメニューもあるほどですよ。

冷麺は子供たちにも取り分けする予定なので、
キムチは別皿で注文することに。

お味は…
すっごく美味しい♪
めちゃめちゃ好みの味です♪
今まで食べた冷麺の中でNo.1かもしれません!!

麺は冷麺特有の歯ごたえで、甘みのあるスープとの相性も◎!
キムチ抜きにしているので、甘いスープでしたが、酸味が少なく、まろやかな甘さが私のツボでした♪

辛さも何段階かあるので
辛い冷麺がお好きな方は、お好みの辛さを選んで下さいね。
特辛もできるようですよ!

次男君が冷麺を気に入り、モリモリ食べていました^^

冷麺の販売もしているのでお土産に購入して帰ろうかと思いましたが
賞味期限が短い(約1週間ほどだったかと)ため
改めて購入することにしました。

盛岡駅やオンラインでも販売していますよ☆

スポンサードリンク